TOP > 猫の里親募集 > 譲渡に関わる諸費用

猫の譲渡に関わる諸費用

当会で譲渡する子猫自体はすべて無料ですが、譲渡時に手術費用その他譲渡に関わる諸費用の一部を里親さんにご負担いただいております。いただいた費用はライフボートが次の一頭を救うための活動費用となりますのでご理解とご協力をお願いいたします。

猫の譲渡に関わる諸費用は通常一頭につき25,000円です。

不妊手術、ワクチン接種、寄生虫の検査・駆除などは、猫の飼育をするようになった人が必ず動物病院でされることですが、当会では前もってそれらを済ませてあります。当会は非営利目的であるため、里親さんにご負担いただく手術代その他の費用は一般の開業病院で同じレベルのサービスを受けた時の50〜60%程度になります。

主な譲渡に関わる諸費用

目録備考
避妊去勢手術代必ず不妊手術を行った上で譲渡しております。
駆虫費用
  • 腸管寄生虫(回虫・鉤虫・条虫・コクシジウム)
    使用薬:ドロンタール、アプシード他
  • ノミ、ダニ
    使用薬:フロントラインプラス又はレボリューション
  • 耳ダニ駆除及び予防
    使用薬:フロントラインプラス又はレボリューション、アイボメック
3種混合ワクチン費用猫の混合ワクチンは幼い子猫の場合2回必要となります。2回目の接種が必要な子猫をお引き取りになった場合、お引き取り後接種予定日にお近くの動物病院で2回目以降のワクチン接種をお願いします
飼育費用譲渡までにかかった飼育費や医療費の一部をご負担いただいています。
事務手数料お渡しする印刷物の制作費・譲渡申込書類の郵送費などです。

譲渡に関わる諸費用の早見表

ワクチン接種済み子猫成猫ワクチン要再接種の子猫 (*2)
1頭引き取り25,000円25,000円22,000円
2頭引き取り (*1)45,000円45,000円39,000円
  • *1)2頭以上同時にお引き取りいただいた場合、2頭目の費用から5,000円減額致しております。
    2頭以上同時にお引き取りいただくことは、次の救命へより一層つながるという意味でも、引き取られた猫たち自身の環境変化による負担軽減につながる意味でもありがたいお引き取り方法です。ささやかながらライフボート中部からのお手伝いと感謝を込めて減額しております。

  • *2)ワクチン再接種の必要がある子猫の場合、3,000円を減額いたしております。
    まれなケースになりますが、改めて動物病院へ行っていただくお手間とご負担をお願いいたしますので減額しております。

  • その他、名古屋(錦)「ひとやすみ」でお引き取り頂ける子猫は、血液検査実施の必要があるため4,000円増額となります。